2007年 02月 25日 ( 1 )
残留争いのライバルに無残な完敗
2/24(土)バークレイズ・プレミアシップ ザ・ヴァリー 観衆27,111人
チャールトン 4(3-0/1-0)0 ウェストハム
得点者:アンブローズ(24分)トーマス(34分、80分)ダレン・ベント(41分)

GK グリーン
DF デイリー、ファーディナンド、ダベンポート、コンチェスキー
MF ベナユン、マリンズ(72分ニュートン)、カーシー、エザリントン(46分ヘアウッド)
FW テベス、コール(59ケパ・ブランコ)
サブ:ウォーカー、ペイントシル

13(6) シュート数(枠内) 11(8)
    7 コーナーキック 6
    50% 支配率 50%

 19位に転落し、自力での残留の望みはほぼ潰える。
 クラブは即時の監督解任はないと擁護しているが、先の報道どおりにあと2試合で再び交代劇を強いられるとの観測が多数。
 後任に関するオッズはテリー・ベナブルスがトップを走る。

 エザリントンのギャンブル癖が発覚。カウンセリングに通うことになる。
[PR]
by soccer_days | 2007-02-25 20:54 | ウエストハム・ユナイテッド
   

ブログ版 サッカーデイズ
by こんろ
> 最新のトラックバック
テベスとマスケラーノが二..
from おもしろサッカーアルゼンチン
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧