> カテゴリ
全体
ウエストハム・ユナイテッド
未分類
> フォロー中のブログ
> リンク
Soccer Days
<   2009年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧
移籍市場デッドライン間近
 フィオレンティーナから800万ポンドを提示されていたアップソンへのオファーは、正式に断った。
しかしながら、ビオラとはサビオ・ヌセレコとマヌエル・ダ・コスタをレンタルで交換する案が話し合われている。

バレンシアのセルビア代表FWニコラ・ジギッチをウェストハムとウルブスが狙っていると報じられる。

アストンビラのオニール監督は、今夏の移籍期限迄にコリンズかアップソンを獲得する意向を示している。

スカンソープに貸し出されているスペンスは、1月15日までレンタル期限を延長することとなった。

===(以下、Goal.comより)===
ゾラ:「あと2人ストライカーが欲しい」   残り2日で実現できるか
 ウェスト・ハムのジャンフランコ・ゾラ監督が、移籍市場が閉幕するまでに、2人のストライカーの獲得を目指していることを明らかにした。 
 ゾラ監督は、『ITV』で次のように語った。「市場が閉まるまであと2日ある。今いるすべての選手を保ち、あと2人ストライカーを獲得したい」
 補強に動いていることを明かしたゾラ監督だが、クラブの財政事情がそれを許さず、獲得できるかどうかは分からないと述べている。「クラブには考慮しなければいけない点がある。正直に言えば、移籍を実現させられるかは分からないんだ」

グジョンセンとエンリケの移籍が近づく   モナコ、ラシンへの移籍成立目前
  スペイン『マルカ』が、バルセロナMFエイドゥル・グジョンセンのモナコへの完全移籍、DFエンリケのラシン・サンタンデールへのレンタル移籍が成立目前であると報じた。
  エンリケは昨年夏に800万ユーロの移籍金でバルセロナに加入したが、昨シーズンはレヴァークーゼンへレンタル移籍していた。今年の夏にバルセロナに復帰したエンリケだが、クラブはリーガ・エスパニョーラでの経験を積ませるために、レンタル移籍を決断した模様だ。
  また、出場機会を求め移籍を希望していたグジョンセンは、モナコとの2年契約にサインするとみられている。ウェスト・ハムのゾラ監督がグジョンセンへの関心を認めていたために、ウェスト・ハム移籍が濃厚と伝えられてきたが、グジョンセンはリーグ・アンでのプレーを選択したようだ。
[PR]
by soccer_days | 2009-08-31 23:08 | ウエストハム・ユナイテッド
ダベンポートが回復へ
 集中治療室に入っていたダベンポートが集中治療室を出た。今のところ容態は安定しており、心配された左足の切断手術は施工されなかった模様。
 一方、犯人のホワイトハーストは11月16日にルートン地方裁判所に出頭することになっている。

===(以下、ISMより)===
【イングランド代表メンバー】クラウチ、レノンら復帰 オーウェンは選外
 イングランド代表のファビオ・カペッロ監督はスロベニアとの国際親善試合(9月5日)と2010年W杯欧州予選のクロアチア戦(同9日)に臨むメンバー24人を発表した。ロイター通信が報じている。
 DFジョン・テリー、MFデイヴィッド・ベッカム、スティーヴン・ジェラード、フランク・ランパード、FWウェイン・ルーニーといった主力が順当に招集されたなか、トッテナムFWピーター・クラウチ、同MFアーロン・レノンが復帰を果たした。両選手は前日に行なわれた国内リーグの試合でともにゴールを記録し、チームの4連勝に大きく貢献している。
 なお、FWテオ・ウォルコット(アーセナル)は背中のケガから回復したものの、今季は一度もピッチに立っておらず、招集を見送られた。また、DFリオ・ファーディナンドに代わってウェス・ブラウンが名を連ねた。FWマイケル・オーウェン(以上マンチェスターU)は今回も選から漏れている。
 グループ6に所属するイングランドは同予選7試合を戦ってすべて勝利。勝ち点21で首位に立ち、2位クロアチアに7差を付けている。

GK ベン・フォスター(マンチェスターU) ロバート・グリーン(ウェストハム) ポール・ロビンソン(ブラックバーン)
DF ウェス・ブラウン(マンチェスターU) ウェイン・ブリッジ(マンチェスターC) アシュリー・コール(チェルシー) グレン・ジョンソン(リヴァプール) ジョレオン・レスコット(マンチェスターC) ジョン・テリー(チェルシー) マシュー・アップソン(ウェストハム) 
MF ギャレス・バリー(マンチェスターC) デイヴィッド・ベッカム(ロサンゼルス・ギャラクシー:USA)
マイケル・キャリック(マンチェスターU) スティーヴン・ジェラード(リヴァプール) フランク・ランパード(チェルシー) ジェイムズ・ミルナー(アストンヴィラ) ショーン・ライト・フィリップス(マンチェスターC) アシュリー・ヤング(アストンヴィラ) アーロン・レノン(トッテナム)
FW カールトン・コール(ウェストハム) ジャーメイン・デフォー(トッテナム) ピーター・クラウチ(トッテナム) エミール・ヘスキー(アストンヴィラ) ウェイン・ルーニー(マンチェスターU)
[PR]
by soccer_days | 2009-08-30 22:10 | ウエストハム・ユナイテッド
アウェーで手堅く1ポイント
 追放の噂もあったカーリング杯3回戦はボルトンとアウェーで対戦することが決まった。試合は9月の第3週に行われる予定だが、大会に参加できるかどうかは、未だ不透明な部分が残されている模様。

8/29(土) プレミアリーグ イーウッドパーク 観衆23,421人
ブラックバーン 0(0-0/0-0)0 ウェストハム
警告:B-ダン
   W-コリンズ、パーカー、ノーブル
GK グリーン
DF フォベール、コリンズ、アップソン、スペクター
MF ノーブル、パーカー、コリソン(87分コバッチュ)
  ヒメネス(66分ダイアー)、スタニスラス
FW コール
サブ:クルツ、ガビドン、トムキンス、ヌーブレ、ハインズ

   54%    支配率    46%
19(9)  シュート数(枠内)  11(5)
   5   コーナーキック   2
  13    ファウル   18
d0080515_1641330.jpg

[PR]
by soccer_days | 2009-08-29 22:35 | ウエストハム・ユナイテッド
ディアマンティ獲得
時間がかかっていたリヴォルノのFWアレッサンドロ・ディアマンティを遂に獲得。背番号は32。移籍金は£5.5mと報じられる。
d0080515_948264.jpg


2011年にデンマークで行われるU21欧州選手権を目標とするイングランドU21代表にトムキンスとスタニスラス、それにイーグルスへレンタル中のシアーズが選出された。試合は9月4日、マケドニアとの対戦から始まる。U21代表で主将を務めていたノーブルは、年齢制限を越えたため、今後はカペッロ政権下でのフル代表入りを狙う。

 ミルウォール戦でピッチに現れた際、5分近くに及ぶスタンディングオベーションを受け、「JACK!JACK!JACK!」と連呼しての励ましを受けたコリソンは、公式に感謝の意を表明。スタジアムに来ていた母や祖父母も涙を流していたという。

===(以下、Goal.comより)===
ウェスト・ハムがディアマンティを獲得   「サポーターにすべてを与えたい」
  ウェスト・ハムが、リヴォルノからFWアレッサンドロ・ディアマンティ(26)を獲得した。以前からクラブ間の交渉が明らかにされていた同選手は、ウェスト・ハムと5年契約を結んだ。移籍金は公表されていない。
  クラブの公式HPで、ディアマンティが次のように語っている。「ここはビッグクラブだ。サポーターにすべてを与えたい。クラブは伝統的で、偉大なサッカーをする文化がある。それに、ウェスト・ハムのファンは熱気があるね」
[PR]
by soccer_days | 2009-08-28 23:40 | ウエストハム・ユナイテッド
モンキーチャントも問題に
 スタジアム内外で頻発した暴動だけではなく、ピッチに向けられたモンキーチャントも大きな汚点として取り上げられている。今回のターゲットはカールトン・コールとジェイソン・プライス。双方のファンが悪意ある野次を飛ばしていた。

 今回の暴動はアップトンパーク駅の目の前でグリーンストリートに人垣でバリケードを作ろうとしたミルウォールのファンがいたことが最初のトラブルを引き起こしたと言われているが、チケットを持たないインター・シティ・ファームの残党が、宿敵ブッシュホワッカースを目当てに集まり、先に仕掛けたとも言われている。
d0080515_1674950.jpg

[PR]
by soccer_days | 2009-08-27 15:44 | ウエストハム・ユナイテッド
次のホームゲームでは無観客試合も
 ミルウォール戦でファンがピッチに侵入するなどして3度の中断を強いられた事態を重く見たFAは、詳細な調査の後、ウェストハムに処分を課す方向。
 試合後に即時調査チームの発足が決定しており、現段階では罰金だけではなく、無観客試合も処分の内容にプラスされる模様。

 スポーツ大臣サトクリフ氏はFAが今回の暴動を誘発したものや、ピッチに侵入した者たちに対し、永久的な入場禁止措置を考慮している点について全面的な支持を表明している。

 クラブは今回の暴動に断固たる態度で挑むことを発表。監視カメラなどを検証し、大規模なフーリガン一掃作戦を開始する。また、ピッチ内外で暴れた者たちに対してブーイングをしていた多くのファンには情報提供を呼びかけている。



 大手術後、集中治療室に入ったダベンポートは、鎮痛の目的もあって少なくとも水曜日までは意識を回復させない方向。
 一方、ダベンポートの母親は刃創が酷い部分の再手術を行ない、息子と同様に集中治療室に入った。

 リヴォルノのFWアレッサンドロ・ディアマンティ獲得が最終局面に。ディアマンティ自身は退団を決意し、チームメイトにお別れを言ったが、個人的な契約条項で擦り合わせが必要な状態にあり、移籍先がウェストハムではなくイタリア国内になる可能性も残っているという。 なお、移籍金は£5.5-5.7mの間でクラブ間は折り合っているとされる。

アレッサンドロ・ディアマンティ(Alessandro Diamanti)
生年月日:1983年5月2日(26歳)
身長 体重 180cm 73kg
ACプラート~エンポリFC~ACフチェッキオ~フィオレンティーナ~アルビーノレッフェ~リヴォルノ
d0080515_19545151.jpg


===(以下、ISMより)===
ウェストハムが冷や汗勝利 ファン衝突で負傷者・逮捕者も/カーリング杯 
 カーリングカップ(イングランド・リーグカップ)は現地時間25日に2回戦の試合が行なわれ、1部のウェストハムは同じロンドンに本拠を置くミルウォール(3部)とのライバル対決を延長戦の末に3対1で制し、3回戦へ駒を進めた。ロイター通信が報じている。
 ミルウォールに先制点を奪われたウェストハムだったが、試合終了3分前にスタニスラスのゴールで1対1の同点に追い付き、迎えた延長前半にはPKを獲得すると、これを再びスタニスラスが決めて逆転。最後はハインズもネットを揺らして、古くからのライバルとの一戦をモノにした。
  なお、この試合中にはホームのウェストハムが同点に追い付いた際と逆転した際にホームチームのサポーターがピッチに乱入する騒ぎがあったほか、現地警察によれば、試合前には両チームサポーターがスタジアム近郊で衝突し、44歳の男性が刺されて2人が逮捕されるという事件も起きている。
[PR]
by soccer_days | 2009-08-26 22:00 | ウエストハム・ユナイテッド
コリソンの父親が事故死
 ジャック・コリソンの父親(イアン・コリソン、46歳)が先週末トッテナムとの試合をバイクに乗って観戦に行く途中、交通事故に遭い、即死したと報じられている。
 立て続けに起こる悲報にコリソンは憔悴。来週のU21代表での活動を免除することをトシャック監督が示唆している。
 ミルウォール戦ではイアン・コリソン氏を悼み、喪章を付けてプレーした。
d0080515_20342483.jpg

8/25(火) カーリング杯2回戦 アップトンパーク 観衆24,492人
ウェストハム 3(0-1/1-0/ex2-0/0-0)1 ミルウォール
得点:W-スタニスラス(87分)、スタニスラス(98分/PK)、ハインズ(100分)
    M-ハリス(26分)
警告:W-ガビドン、パーカー、コール、コリソン
    M-フランプトン、ライアード、バロン
GK グリーン
DF フォーベール、ガビドン、トムキンス、スペクター
MF コリソン、パーカー、コバッチュ(62分ヌーブレ)、ペイン(46分ハインズ)、スタニスラス
FW コール(109分アップソン)
サブ:クルツ、コリンズ、ダプレラ、リー

   55%   支配率    45%
17(7)  シュート数(枠内)  12(3)
  7   コーナーキック   5
   17   ファウル   15

 因縁の対決には1,000人近い警官を配備したものの、またもや大規模な暴動が発生。
 試合前から小競り合いが断続的に起こっていたが、プライオリーロードでは数百人規模の喧嘩に発展。
アルコール類の販売が禁止されていた中、パブは無残に破壊され、数えきれない煉瓦やビン、カンが空を飛んだ。キックオフ前に10人以上が現行犯で逮捕され、ナイフで胸を刺された44歳の男性が病院へ搬送された他、2人が救急車で運ばれている。

 1950年代に活躍したウインガー、アルバート・フォーンが老衰のため天に召された。
1923年10月生まれ。1950年から1956年までウェストハムに籍を置き、ウイングやインサイドFWとしてプレー。60試合に出場し、9得点を記録している。1956年のFA杯4回戦ではプレストンを相手にハットトリックを達成し、チームの準々決勝進出に貢献した。

===(以下、Goal.comより)===
パーカー、C・コールの代表定着を支持   「偉大な選手になるための要素を備えている」
  ウェスト・ハムMFスコット・パーカーが、FWカールトン・コールにはイングランド代表のレギュラーとしてプレーする実力を持っていると、代表定着を後押ししている。
  C・コールは先日行われたトッテナム戦で、素晴らしい先制ゴールを決めたが、その後にトッテナムFWジャーメイン・デフォーにバックパスしてしまい、同点ゴールをプレゼントしてしまった。
  しかしパーカーは、『FIFA.com』で、次のようにC・コールを称賛している。「カールトンは偉大なプレーヤーになるための要素をすべて持っている。代表レベルでもね」「スパーズ戦で彼が大きな存在だったことは明らかだろう。昨シーズンも彼は良い活躍をした。今シーズンも良い活躍を披露できれば、イングランド代表定着も叶うと思うよ」
  パーカーはまた、トッテナム戦でのC・コールのミスも気にしていないとコメントした。そして、新たなプレーヤーの獲得をチームに求めている。
  「あと何人かの選手を獲得してほしいね」「チームの選手層は非常に薄い。選手の数が不足しているんだ。これは改善しなければいけない。プレミアリーグに残留するためにね。そして、スパーズ戦で見せたようなパフォーマンスを続けられれば、問題はないだろう」
[PR]
by soccer_days | 2009-08-26 06:13 | ウエストハム・ユナイテッド
グジョンセンのためにパーカー放出?
U18エバートン 1-2 ウェストハムU18
得点:モンターニョ、ブルックス

カーリング杯2回戦(対ミルウォール) BBC Radio5で生中継
怪我人:イルンガ、ダイアー、ダベンポート、アシュトン
直近24戦の対戦成績 8勝10分6敗

===(以下、日刊スポーツより)===
刺されたウエストハムDF生命の危機脱出
 ウェストハムのゾラ監督は、22日に母親宅で襲われ、両足を刺される重傷を負ったDFカルム・ダベンポート(26)が生命の危機を脱したことを明かした。「彼の担当医師と話したが、状態は安定しているという。彼は大丈夫だ」と話した。一方、刺された原因について英各紙は、逮捕された25歳の男性容疑者がダベンポートの妹の恋人で、交際を反対されたことに逆上したためと報じている。妹は容疑者の子供を妊娠しているという。

===(以下、ISMより)===
ダヴェンポート事件、25歳の男が起訴
 ウェストハム(イングランド)の元イングランドU-21代表DFカラム・ダヴェンポートが自宅で襲撃された事件で、地元警察は現地時間24日、25歳の男を傷害容疑で起訴したことを発表した。ロイター通信が報じている。
 ダヴェンポートは22日未明、自宅で襲撃されて両足に刺傷を負い、病院で緊急手術を受けている。警察の発表によると、同選手は深刻な状態ではあるものの、容体は安定しているという。また、ダヴェンポートの母親も同選手とともに襲われているが、こちらも容体は安定しているとのことだ。
 ダヴェンポートに対する重大な傷害容疑で起訴されたのは、25歳のウォレル・ホワイトハースト容疑者。同容疑者はダヴェンポートの母親に対する傷害容疑でも起訴されている。また、今回の事件では19歳の男も逮捕されているが、こちらは一時保釈されている。 最終更新:8月25日11時27分

===(以下、Goal.comより)===
トッテナム、パーカー獲得でジェナス放出? ジェナスにはアストン・ヴィラが関心
  イギリス『ピープル』によると、トッテナムのハリー・レドナップ監督が、ウェスト・ハムMFスコット・パーカーに注目しているようだ。ウェスト・ハムは財政面に不安を抱えており、レドナップ監督は500万ポンドでパーカーを獲得することを望んでいるという。
  ウェスト・ハムはバルセロナMFエイドゥル・グジョンセンの獲得を目指しているが、同選手を獲得するための資金を捻出することができないため、現在はレンタルでの獲得を打診している。そのため、パーカーを放出し資金を捻出する可能性もあると伝えられている。
 同報道ではさらに、トッテナムMFジャーメイン・ジェナスの去就についても報じられている。夏の移籍市場を通してトッテナムからの移籍が噂されてきたジェナスには、インテルのジョゼ・モウリーニョ監督が高い評価をしているというが、アストン・ヴィラも同選手の獲得に関心を示しているようだ。

ゾラ:「ニールのことは分からない」 再加入はなし?
  ウェスト・ハムのジャンフランコ・ゾラ監督が、DFルーカス・ニールとの契約延長にはほど遠いと明らかにした。そのため、ニールの将来は不透明なものになっているようだ。
  ニールは今年の夏にウェスト・ハムとの契約が満了し、ガラタサライやサンダーランドからの関心が伝えられていた。しかし、ニール本人がウェスト・ハムと新たな契約を結ぶ考えを示唆したため、ウェスト・ハムと契約を延長する可能性が浮上していた。
  しかし、ゾラ監督は『スカイ・スポーツ』で、次のように語っている。「彼はウェスト・ハムと話し合っていた。そしてサンダーランド、ガラタサライと交渉していたことも知っている。ただ、今はどうなっているのか分からない」
  「今彼はフリーの状態だ。そのことは彼にとって良いことではない。しかし、我々は彼にプライオリティーを置いていない」

オッド:「国外へのレンタルはない」 クラブは新天地を見つけたいところだが…
  レンタル先のバイエルン・ミュンヘンからミランへ復帰したDFマッシモ・オッドは、すでにレオナルド監督の構想から外れており、ミランは同選手の移籍先を探している。ミランはサイドバックの補強を必要としているが、そのためにはまずオッドを放出しなければいけないからだ。
  ここへ来て、オッドにはウェスト・ハムからの関心が報じられたが、本人がプレミアリーグ移籍を受け入れることはないようだ。オッドは24日、イタリア『スカイ・スポーツ』に対し、イタリア国外のチームにレンタル移籍をすることはないとの考えを明かしている。
  「僕は家族のことも考えなければいけない。小さな子供が2人いるんだ。ミュンヘンでの難しい経験を繰り返したくはない。国外のクラブにレンタル移籍するつもりはないよ」

パンデフ代理人、ラツィオ会長に警告 法的措置を取ることも辞さない構え
  ラツィオのロティート会長は23日の開幕戦終了後、イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、移籍希望を公言してメンバーから外れている3選手のうち、特にFWゴラン・パンデフのことを厳しく批判した。同会長は具体的に名前を挙げてはいないが、「3人のうちひとりは規律を外れている」と語っている。
 パンデフ側はこの発言に激怒しているようだ。24日、同選手の弁護士グラッサーニ氏は、ロティート会長相手に法的措置を取ることも辞さない構えだという警告声明を正式に発表している。移籍問題を発端に悪化した両者の関係は、もはや修復不可能な状態となっているようだ。
[PR]
by soccer_days | 2009-08-26 00:01 | ウエストハム・ユナイテッド
ゴラン・パンデフ獲得?
ダービー潜伏中に捕まった25歳の犯人の名は、ウォレル・ホワイトハースト。

===(以下、Goal.comより)===
ウェスト・ハム、パンデフを獲得か 移籍金500万ユーロで合意との噂
  ラツィオからの移籍が取りざたされているFWゴラン・パンデフが、ウェスト・ハム移籍に迫っていると報じられた。イタリア『calciomercato.com』は、500万ユーロの移籍金で両クラブが合意に達したとしている。
  ラツィオはこれからの数日で、何人かの選手を放出する可能性が高い。移籍を希望している一部選手を“干している”状態で、残留の見込みは低いだろう。
  最近、ターレSD(スポーツ・ディレクター)は、「嫌がらせではない」と説明していたものの、この件について尋ねられたロティート会長がテレビ番組のコメンテーターに激怒していた。
ラツィオにとってナーバスな問題になっているため、適切なオファーが届けば、移籍は成立するかもしれない。

リヴォルノ、ウェスト・ハムにオファー改善を要求  ディアマンティ移籍交渉が難航
  リヴォルノに所属するFWアレッサンドロ・ディアマンティに対し、ウェスト・ハムが関心を示している。しかし、取引が実現するためには、ウェスト・ハムがオファーを改善しなければいけないそうだ。
  リヴォルノのアルド・スピネッリ会長は、ウェスト・ハムが同選手に関心を示していることを認めた。その上で、イギリス『プレス・アソシエーション』に対して次のように語っている。
  「しばらくの間、我々は満足できるオファーを受けていない。ただ、ディアマンティは冷静でいるべきだね。彼には契約があり、プレーすることを考えなければならない。あとのことを考えるのは我々だ」
  ディアマンティはイングランド行きのチャンスに大きな興味を持っていると言われているが、まだ交渉は続きそうだ。

オッドとフォベールをトレードか    放出と同時に補強を狙うミラン
  DFマッシモ・オッド放出の可能性を認めているミランが、ウェスト・ハムと交渉を始めたようだ。イタリア『Sportmediaset.it』が伝えている。
  これによると、ミランはウェスト・ハムにオッドを差し出すことで、MFジュリアン・フォベールの獲得を狙っているそうだ。オッドはミランで構想外となっており、フォベールには強い関心を示しているため、話が動いている。
  ただ、オッドはミランに残留してポジションを争いたいと考えているようだ。オッドがウェスト・ハム行きを望まなければ、フォベールがミランにやってくることもないだろう。

===(以下、ISMより)===
トッテナム指揮官、ダヴェンポートの回復を祈る
 現地時間22日未明(以下現地時間)に自宅で襲われ、母親とともに刺傷を負ったウェストハムDFカラム・ダヴェンポート(26)に対し、同選手の古巣トッテナム(以上イングランド)を率いるハリー・レドナップ監督が回復を祈るコメントを残した。ロイター通信が報じている。

 自宅にいたところを襲われて両足に刺傷を負い、病院で緊急手術を受けたダヴェンポート。警察の発表によると、今回の事件では19歳の少年が逮捕されており、さらに25歳の男も殺人未遂で逮捕されている。なお、病院側はダヴェンポートも母親も命に別状はないことを明かしている。

 ショッキングなニュースに襲われたウェストハムは、24日のリーグ戦でトッテナムに1対2と逆転負けを喫した。試合後、ジャンフランコ・ゾーラ監督は「医師から彼の状態は安定していると聞いたが、詳しくはあと数日しないと分からないだろう。我々は彼に寄り添い、彼とともにある」と語った。

 ダヴェンポートは2007年までトッテナムに在籍。また、レドナップ監督は5シーズン前、サウザンプトン(現2部)を指揮していたころに同選手を期限付き移籍で獲得しており、ともに過ごした経験を持つ。レドナップ監督は今回の事件を受け、「カラムのことはよく知っている。彼は物静かで、人に恨みを買うような青年ではない」とコメント。「ふたりに起きたことを本当に悲しく思う。トッテナムの誰もが回復を祈っている。カラムがこれを乗り越え、再び元気になってくれることを願う」と、元U-21イングランド代表の同選手の快方を祈っている。
[PR]
by soccer_days | 2009-08-25 00:05 | ウエストハム・ユナイテッド
好調スパースに先制も…
8/23(日)プレミアリーグ アップトンパーク 観衆33,095人
ウェストハム 1(0-0/1-2)2 トッテナム
得点:W-カールトン・コール(49分)
   T-ジャーメイン・デフォー(54分)アーロン・レノン(79分)
警告:W-ヒメネス(分)、フォーベール(分)
   T-ハドルストーン(分)

GK グリーン
DF フォーベール、コリンズ、アップソン、スペクター
MF ノーブル、パーカー(85分ハインズ)、コリソン(89分ヌーブレ)、
   ヒメネス(78分コバッチュ)、スタニスラス
FW コール
サブ:クルツ、ガビドン、トムキンス、ペイン

   53%    支配率    47%
17(8)  シュート数(枠内)  17(10)
  4    コーナーキック   8
  14    ファウル    11
d0080515_10121892.jpg

順位表      P  GD  PTS
1 Tottenham 3  6  9
2 Chelsea  3  5  9
3 Arsenal  2  8  6
4 Man Utd  3  5  6
5 Man City  2  3  6
6 Sunderland 3  0  6
7 Burnley    3  0  6
8 Birmingham 3  0  4
9 Stoke City  3  -2  4
10 Liverpool  2  3  3
11 ウェストハム 2  1  3
12 Fulham   2  -1  3
13 Wolvers  3  -2  3
14 Hull City 3  -4  3
15 Wigan A  3  -4  3
16 Aston Villa 1  -2  0
17 Bolton W  2  -2  0
18 Blackburn  2  -3  0
19 Portsmouth 3  -5  0
20 Everton    2  -6  0

 2年続けて足首にメスを入れ、復帰を目指していたディーン・アシュトンは、これ以上プレーを続けた場合に、残りの人生を車椅子で過ごすことになると宣告され、現役引退を決意したと報じられる。
 復帰に目処が立たないアシュトンには、ストークやバーミンガムなどが興味を示していたが、アップトンパークでスパイクを脱ぐ模様。

===(以下、日刊スポーツより)===
Wハム選手が足刺され重傷、両足切断も
 ウェストハムDFカルム・ダベンポート(26)が22日午前5時ごろ、英ベッドフォードシャー州の母親宅で足を刺され、運ばれた病院で4時間にわたる緊急手術を受けた。居合わせた49歳の母親も腹部を切られて重傷。警察は23日、25歳と19歳の容疑者の男を逮捕した。動脈を切断されたダベンポートは大量出血し、その後も集中治療室で治療中。一部報道では、両足切断の可能性もあるという。警察関係者は「家庭内の問題から発展したようだ」と漏らしたが、詳細は不明。ダベンポートは元U-21(21歳以下)イングランド代表。2年前にトットナムから移籍した。

===(以下、スポニチアネックスより)===
ウェストハムDF刺された…左足切断の可能性も
 ウェストハムの元U―21イングランド代表DFカラム・ダベンポート(26)が21日夜に自宅で両足を刺されて重傷。左足は切断の可能性があると地元紙は報じた。容疑者の男2人は逮捕も、動機は不明。母親も腹部を刺されたが、生命に別条はないという。
 ダベンポートは1メートル93の長身DFで、トットナムなどを経て07年にウェストハムに加入。今季は、昨季途中から期限付き移籍していたサンダーランドから復帰していた。

===(以下、Goal.comより)===
ゾラ監督、ダヴェンポートの身を案じる  「一刻も早く回復してもらいたい」
 ウェスト・ハムは23日、トッテナムとホームで対戦して1-2で敗れてしまった。しかし、この敗戦よりもショックな出来事がこの前日に起きていたことは、誰もが知るところである。同クラブに所属するDFカルム・ダヴェンポートが強盗に襲われて重傷を負い、左足切断の可能性もあるという事件だ。

  チームを率いるジャンフランコ・ゾラ監督も、もちろん大きなショックを受けている。クラブの公式HPで、同指揮官が次のように述べた。
 「試合の前にも言ったけど、本当に残念なことだ。恐ろしい話だよ。一刻も早く回復してもらいたい」
「ドクターに聞いた話だと、彼はOKのようだ。数日のうちに詳細が分かるだろう。当面は安定した状況だ。今は彼に問題がないことが大事だね」
 「私たちはその話を聞かされたとき、本当に信じられなかった。知り合いの身にそういったことが起こるとき、特に想像できないものだ。本当に残念でならない」

ダヴェンポート、左足切断の可能性も   意図的な犯行との情報
  自宅で強盗に襲われ深刻な状態で病院に搬送されたウェスト・ハムDFカルム・ダヴェンポート。同選手の親族はGoal.comに、今後再びフットボール選手としてプレーすることはできないだろうと明かした。
  ダヴェンポート(26)と同選手の母親のキム(49)さんは、22日午前5時にスプリング・フィールド通りにある自宅の外で強盗に襲われた。ダヴェンポートは両足を何度も刺され、母親とともに病院へ緊急搬送されていた。
  病院搬送後、ダヴェンポートは緊急手術を受けているが、左足の主動脈に深刻な損傷を負っているため、今後24時間から48時間の間に左足を切断しなければならない恐れもあるという。また母親のキムさんも腹部に傷を負っており、深刻な状態にあるようだ。
  なおGoal.com現地スタッフは、ダヴェンポートを襲った人物が意識的にダヴェンポートのキャリアを終わらせるために足を狙ったと伝えられた。犯人の動機は不明だが、事件前に家族間の揉め事に関与していたという情報もある。
  ダヴェンポートを襲った19歳と25歳の2人の人物はすでに殺人未遂容疑で逮捕され、現在は警察に拘留されている。

バルサ、ウェスト・ハムと交渉中  グジョンセンのウェスト・ハム移籍は確実か
  ウェスト・ハムはバルセロナMFエイドゥル・グジョンセンの獲得にプライオリティーを置いている。バルセロナはグジョンセンの移籍を認める方針で、ウェスト・ハムからのオファーを待っているという。ウェスト・ハムは、チームを率いるジャンフランコ・ゾラ監督がチェルシー時代にともにプレーしたグジョンセンの獲得を望んでいる。
  ただスペイン『スポルト』によると、バルセロナはセントラルミッドフィルダーの獲得に成功した場合に、グジョンセンを放出したいと考えているようだ。グアルディオラ監督が、代役を獲得せずにグジョンセンを放出した場合、選手層が薄くなることを懸念していると伝えられている。
  また、もう一つの問題としてウェスト・ハムの財政事情が挙げられている。ただ両クラブは歩み寄る考えを示しており、バルサはグジョンセンの放出を決断するとみられている。
[PR]
by soccer_days | 2009-08-24 00:11 | ウエストハム・ユナイテッド