> カテゴリ
全体
ウエストハム・ユナイテッド
未分類
> フォロー中のブログ
> リンク
Soccer Days
<   2007年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧
スコット・パーカー獲得内定
 来月10日よりU21欧州選手権に挑むイングランドU21代表23名が発表され、ウェストハム所属の3選手(アントン・ファーディナンド、ナイジェル・レオ・コーカー、マーク・ノーブル)は揃って本大会のメンバー入りを果たした。
 チームは、本大会前にノーリッジでスロバキアとのテストマッチを予定している。

 他にはGKがスコット・カーソン、DFにはガリー・ケイヒル(アストン・ビラ)、ジャスティン・ホイト(アーセナル)、スティブン・テイラー(ニューカッスル)他。
 MFにデイビッド・ベントリー(ブラックバーン)やジェイムズ・ミルナー(ニューカッスル)、キーラン・リチャードソン(マンU)、ウエィン・ルートリッジ(トッテナム)など。
 そして、FWはマット・ダービーシャー(ブラックバーン)やリロイ・リタ(レディング)、デイビッド・ニュージェント(プレストン)、アシュリー・ヤング(アストンビラ)といったあたりが順当に選出されている。


ミドルスブラとの契約が切れたマーク・ヴィドゥーカはニューカッスルへの移籍が決まった。

 今季ニューカッスル・Uの主将を務めていた元イングランド代表MFスコット・パーカー(26)の獲得が内定した。移籍金は700万ポンドとされる。パーカー本人がロンドンへ戻りたがっていたことに加え、育ての親といえるカービシュリー監督の存在が決め手となった。

フルネーム:スコット・マシュー・パーカー
生年月日:1980年10月13日生まれ 175センチ69キロ
イングランド代表3キャップ
所属クラブ:チャールトン~ノーリッジ(レンタル)~チャールトン~チェルシー~ニューカッスル
[PR]
by soccer_days | 2007-05-31 00:06 | ウエストハム・ユナイテッド
2006/07シーズンKUMBアウォーズ
毎年恒例、KUMB.comによるKUMBアウォーズの結果が発表された。

2005/06シーズンKUMBアウォーズ/(得票率)主な講評

最優秀選手
1. カルロス・テベス(59%) 技術的にもワールドクラス
2. ロバート・グリーン(20%) アーセナル戦の活躍は秀逸、代表復帰も当然
3. ボビー・サモラ(10%) 今季最多得点者

最優秀若手選手
1. マーク・ノーブル(99%) 2年ぶり2度目の1位
2. ジョナサン・スペクター(1%) ユーティリティー性を発揮
3. ホーガン・エフレイムとジェイムス・トムキンス(得票なし)

最優秀移籍選手
1. カルロス・テベス(44%) 来季も残ってくれれば・・
2. ルーカス・ニール(40%) 穴となっていた右サイドにフタをした
3. ロバート・グリーン(15%) 獲得していなかったら残留はなかった

最優秀成長株
1. ジェイムス・コリンズ(40%) ガビドンの穴を埋めた
2. マーク・ノーブル(20%) 試合毎に存在感を増す
3. ボビー・サモラ(15%) ヘアウッド不調の中、FWの軸となった

最も印象的な試合
1. マンU戦 1-0 5/14 (27%) 最終戦での見事な勝利
2. ボルトン戦 3-1 5/5 (17%) ホーム最終戦で完勝
3. スパーズ戦 3-4 3/4 (10%) 衝撃的な逆転負け

最優秀ゴール
1. マーク・ノーブル v ボルトン戦(32%) 目の覚めるボレーショット
2. カルロス・テベス v スパーズ戦(20%) フリーキック
3. ボビー・サモラ v アーセナル戦(10%) アウェーでワンチャンスを生かした

最低選手
1. ナイジェル・カージー(19%) チームに合っていなかった
2. ポール・コンチェスキー(15%) パフォーマンスも低調、監督とも軋轢
3. カールトン・コール(9%)

最低移籍選手
1. マシュー・アップソン(27%) 750万ポンドの無駄遣い
2. ナイジェル・カージー(24%) 獲得の理由が不明
3. カールトン・コール(11%) 決定機に顔も出せない

がっかりした出来事
1. 昨季の成功に何も上積みできなかったこと(25%)
2. 選手たちのピッチ外での行い(20%) ギャンブル、無断の旅行、アル中等
3. ハビエル・マスケラーノ(16%) 但し、本人のせいではない

むかつく輩
1. ウィガンのデイブ・ウィーラン会長(47%) 残留したくせに引っ込みつかないだけ
2. テレンス・ブラウン前会長(28%) 余計な罰金を背負った元凶
3. ブレイズのニール・ウォーノック監督(7%) シーズン終了後辞任
[PR]
by soccer_days | 2007-05-30 00:59 | ウエストハム・ユナイテッド
デイリーが代表復帰
 オーストリアとの親善試合、フェロー諸島とのEURO2008予選に挑むスコットランド代表にクリスチャン・デイリーが復帰した。

 ニューカッスルは800万ポンドでMFスコット・パーカーのウェストハムへの移籍を認める方針を示す。

 サモラにはバレンシアからも身分照会の手紙が来ていたようだが、本人は代理人を通じてウェストハム残留の意向を示した模様。

ナイジェル・レオ・コーカーは、アーセナル、マンチェスター・Uへの移籍を希望。(ガーディアンより)

===(Goal.comより)==========
「トッテナム加入を拒むレオ・コーカー 希望はアーセナルかマンU?」
ウェストハム所属MFナイジェル・レオ・コーカーは、トッテナムからの誘いを断るつもりでいると報じられた。
 移籍を希望している同選手は、トッテナムから強い関心を示されている模様。900万ポンドの移籍金が用意されているとも伝えられている。しかし、レオ・コーカーの視線は別のクラブにあるという。

 彼のアドバイザーであるトニー・フィニガン氏は、「彼は多くのクラブから注目されている」とコメントした。
 このコメントから推測されるクラブは、昨年夏にレオ・コーカーの獲得を狙っていたアーセナルだ。ヴェンゲル監督が依然として興味を持っているかは定かでないものの、可能性がゼロとはいえないだろう。
 一方、彼が希望する移籍先のひとつとされるマンチェスター・ユナイテッドへの移籍は叶いそうにない。バイエルンからハーグリーブスを獲得することがほぼ決定しているからだ。
[PR]
by soccer_days | 2007-05-30 00:34 | ウエストハム・ユナイテッド
グジョンセンはバルセロナ残留へ
 アイスランド代表FWグジョンセンの父であり代理人でもあるアルノールが、再三取り沙汰されているプレミアシップへの復帰はないと明言した。

 チャールトン・Aは多くのクラブから誘われているダレン・ベントの移籍金を1,200万ポンドからと設定したとされる。今までリバプール、エバートン、スパーズ、ニューカッスル、マンチェスター・シティ、ウェストハムの名前が挙がっている。
 また、チャールトンのルーク・ヤングは、ウェストハムへの移籍希望を公にした。

 ボビー・サモラに対し、レディングからもオファーが届く。アトレチコ・マドリーからの話も含めて近日中にクラブと話し合いを持つ予定。

サンダーランド、バーミンガム、ミドルスブラがジョナサン・スペクターに興味を示す。

 ダービーに貸し出されていたタイロン・メアーズは、ウェストハムとの契約を解除してそのままダービーへ完全移籍となる見込み。
[PR]
by soccer_days | 2007-05-29 00:02 | ウエストハム・ユナイテッド
移籍市場情報
 マグナション会長はレアル・マドリー退団が決定しているDFロベルト・カルロスにも興味を示す。

 ロイ・キャロルはクラブに移籍金なしでの移籍希望を申し入れ、認められた。
今のところチャンピオンシップの2クラブから興味を持たれている。

 リバプールのベニテス監督はカルロス・テベス獲得のため、2,500万ポンドが下限とされる移籍金を抑える代わりにウェールズ代表FWクレイグ・ベラミーを差し出す意向も示す。

 ウェストハムからの退団を公にしたナイジェル・レオ・コーカーに対し、アストン・ビラが800万ポンドの移籍金を用意。しかしながら、本人は以前から声をかけていたスパーズやリバプールを希望している模様。

 1年前にメディカル・チェックの結果を受けて判断となったチャールトンの右SBルーク・ヤングに再度オファーを出す。

 マンチェスターUとポーツマスが狙っているウルブスのウインガー、マイケル・カイティの獲得競争にウェストハムも参戦の意向。移籍金の相場は200万ポンドとされている。

 ジャーメイン・デフォー放出の意思を固めたスパーズがダレント・ベントの獲得に乗り出す。
デフォーにはポーツマスのレドナップ監督が声をかけており、500万ポンドでの移籍成立を画策している。

 ミドルスブラのオーストラリア代表FWマーク・ヴィドゥーカは、移籍先をウェストハムかニューカッスルのどちらかに絞り始めたとのこと。

 バーミンガム・シティは、ポール・コンチェスキーの獲得を諦めず、要求された300万ポンドの移籍金を飲む模様。

ワトフォードのブアッザに対し、ウェストハムとポーツマスから照会状が来ていることが判明。

 アトレチコ・マドリーなどからのオファーを受けているボビー・サモラに対し、ウェストハムが全力で慰留に努める方針。
[PR]
by soccer_days | 2007-05-28 00:28 | ウエストハム・ユナイテッド
グリーンがA代表復帰
 ブラジルとの親善試合及びEURO2008予選(対エストニア)を戦うイングランド代表が発表され、ロバート・グリーンが1年ぶりにA代表復帰を果たした。

 マーロン・ヘアウッドの獲得にポーツマスとウィガン、それにアストン・ビラが名乗りを挙げる。
ヘアウッド自身はビラを希望しているとも・・。

 レオ・コーカーは改めて退団する用意があることを明かし、800万ポンドを用意するクラブが現れれば、クラブも引き止めないであろうことを示唆。
[PR]
by soccer_days | 2007-05-26 20:43 | ウエストハム・ユナイテッド
ベナユン契約延長
 2年の契約を残しながらも、新たに契約延長交渉を行なっていたヨッシ・ベナユンは、遂に2012年までの契約にサイン。キャリアのピークを全てアップトンパークに捧げる決心をした。

=======(Goal.comより)============
契約延長を喜ぶベナユン 「ここが最高の場所」
ウェストハム所属MFヨッシ・ベナユンが、クラブとの契約を5年間延長した。これにより、ベナユンは2012年までウェストハムでプレーすることになる。

ウェストハムの公式サイト上で同選手は以下のように語った。
「僕はこの契約に満足しているよ。ここに移籍してきた最初の瞬間から、ここが自分の家のように感じていた。僕たちには、イングランドで最高のサポーターがついている。ここに留まりたいという気持ちは明らかだったから、契約書にサインができてうれしいね」。

「チームには優れた選手がたくさんいる。だから、次のシーズンはより楽しく過ごせると確信しているよ。さらに強いチームを作るため、新しい選手も入ってくるはずだ。僕にとっては、ここが最高の場所さ」。
[PR]
by soccer_days | 2007-05-26 00:11 | ウエストハム・ユナイテッド
懸案の左サイドバック候補
 レディングの左SBニッキー・ショーリーに対し、£5mの移籍金を用意。
 ショーリーはアルバニアとのイングランドB代表戦に召集されたばかりで、ターフムーアで先発出場することが決まっている。

 リバプールは夏の補強リストにエトーやダニエル・アウベス、ガブリエル・ミリトと共にカルロス・テベスの名を挙げた。また、ウェストハムも獲得レース参戦と思われたクレイグ・ベラミーは、アストン・ビラとブラックバーンに移籍先を絞って交渉する模様。

 グジョンセンに興味を示しているのは、ウェストハム以外にサンダーランドやポーツマス、ニューカスル、マンUと時間が経つにつれて増加の一途をたどっている。
[PR]
by soccer_days | 2007-05-25 22:40 | ウエストハム・ユナイテッド
来季よりUMBROと契約
 来シーズンよりユニフォームのサプライヤーがイングランド代表でお馴染みのUMBROに変更され、キット・スポンサーは新興航空会社XL Airlineに決まった。

今季の海外キャンプは毎年恒例となっていたスウェーデンではなくオーストリアとなる予定。
昨季までボルトンが利用していたところを押さえている。

レオ・コーカーが代理人にスパーズへの移籍希望を伝えたとも報じられる。

レディングがハイデン・マリンズに興味を示す。

米国にU18世代を対象としたウェストハム傘下のアカデミーを創設する案が検討されている。

コペンハーゲンのDFミカエル・グラブガードに触手を伸ばす。既に250万ポンドの移籍金を用意しているとの報。
[PR]
by soccer_days | 2007-05-24 22:31 | ウエストハム・ユナイテッド
ロバート・グリーンがB代表に追加召集
 マンUのベン・フォスターが膝の古傷を再発させたため、ロバート・グリーンが代わりにイングランドB代表のアルバニア戦のメンバーに召集された。

 バルセロナのFWグジョンセンに800万ポンドで正式にオファーを出した模様。
但し、マンUとサンダーランドも接得してると伝えられる。
[PR]
by soccer_days | 2007-05-24 00:09 | ウエストハム・ユナイテッド