> カテゴリ
全体
ウエストハム・ユナイテッド
未分類
> フォロー中のブログ
> リンク
Soccer Days
> ヨルン・ブーレ逝去
 J2時代の大宮アルディージャにも所属し、六本木で左目を失う事件に遭って選手生命を終えたオランダ人FWヨルン・ブーレが、スペインの自宅で死亡しているのが発見された。まだ39歳の若さであった。死亡の原因は、現在のところ明らかにされていない。
 1993年にビリー・ボンズ監督が25万ポンドでGAイーグルスより獲得。29試合に出場して7得点を挙げている。その後、ポーツマス、WBAに貸し出され、1995年に37万5000ポンドでクリスタル・パレスへ移籍した。
 1年後の1996年にサウスエンドへ移り、2シーズンを過ごした後、大宮アルディージャへ新天地を求めていた。傷害事件に遭った際、12試合で9得点を挙げており、J2の得点ランクトップに立っていたことは良く知られている。

==(以下、スポニチアネックスより)==
まだ39歳…元大宮のヨルン氏死亡
 元大宮のオランダ人FWヨルン・ブーレ氏が39歳の若さで亡くなっていたことが分かった。オランダのラジオ番組によると、16日にスペインの自宅で亡くなったという。死因は不明。98年に大宮(当時JFL)に入団したヨルン氏は99年5月21日に東京・六本木で中東系の2人組に刃物で切りつけられ、左眼球の摘出手術を受ける大ケガを負い現役引退に追い込まれた。引退後はスペインで不動産業に従事していたという。

===(以下、日刊スポーツより)===
元大宮FWヨルンさん39歳で死去
 元大宮FWのヨルン・ブーレさんが18日、スペインの自宅で死亡した。39歳だった。オランダのラジオ局RTVラインモントが報じたもので死因は不明。オランダユース代表の経験もあるヨルンさんは、98年8月に当時JFLの大宮入り。99年は190センチの長身を生かしJ2で11試合9得点と得点ランク首位の活躍をしていたが、同年5月に六本木で暴漢に腕と目を傷つけられ、左眼球摘出手術を受け引退に追い込まれた。

 ヨルンさんは大宮引退後はサッカー界から離れ、英国で自動車販売業などを経験。現在はスペイン南部のリゾート地マルベーリャで不動産業を営んでいた。ヨルンさんが所属時のGMで、現在はクラブの相談役を務める清雲栄純氏は、訃報(ふほう)を知って「突然のことで本当にショック。正義感が強く、人間的にも素晴らしい男だったのに、残念です」と、故人をしのんで話していた。
[PR]
by soccer_days | 2007-08-18 23:50 | ウエストハム・ユナイテッド

ブログ版 サッカーデイズ
by こんろ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
> 最新のトラックバック
テベスとマスケラーノが二..
from おもしろサッカーアルゼンチン
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧