> カテゴリ
全体
ウエストハム・ユナイテッド
未分類
> フォロー中のブログ
> リンク
Soccer Days
> アンチェロッティに触手?
 チェルシーを解任されたカルロ・アンチェロッティがウェストハムからオファーを受けていると報じられた。一部では本人も交渉のテーブルにつく意向があるとされ、再びイタリア人指揮官を迎え入れる可能性もあるという。

 デイリー・メール紙が選出する今季のベストゴール10傑にスコット・パーカーによるリバプール戦での得点が入った。
d0080515_1295165.jpg

 北アイルランド、スコットランド、ウェールズが参加するネイションズ・カップのウェールズ代表にコリソンとガビドンが選出された。先に代表からの引退を発表したガビドンは、前回の召集時に怪我人の代役という事でベンチ入りしたが、今回も召集に応じるかは未定。一方のコリソンは1年ぶりの代表復帰となった。

デンバ・バが5月のSBOBET月間最優秀選手に選ばれた。バは3月に続き2度目の受賞。

<今季のSBOBET player of the month award 受賞者>
2011年
05月 デンバ・バ
04月 マヌエル・ダ・コスタ
03月 デンバ・バ
02月 スコット・パーカー
01月 スコット・パーカー
2010年
12月 スコット・パーカー
11月 ビクター・オビンナ
10月 マーク・ノーブル
09月 マヌエル・ダ・コスタ
08月 キーロン・ダイアー

===(以下、Soccer Kingより)===
トッテナムがウェストハムのパーカー獲得の意向を示す
 イングランド代表としての高い評価を受けるパーカーに、レドナップは関心を示す 最終節を残してプレミアリーグからの降格が決まったウェストハムの主将として孤軍奮闘を続けるイングランド代表のスコット・パーカー。昨年の夏、そして冬の移籍マーケットでも、獲得への強い関心を示してきたトッテナムのハリー・レドナップ監督は、降格により移籍の可能性が高まるパーカーへの再チャレンジを匂わせている。

 冬にはエバートンのキャプテンを務めるフィリップ・ネビルを狙うなど、チーム力強化のためにリーダーの役割を担う選手の必要性を唱えるレドナップは、今シーズンのフットボール記者協会(FWA)が選ぶプレーヤー・オブ・ザ・イヤーをリーグ最下位のウェストハムでプレーしながらも獲得した30歳のパーカー争奪戦への展望を含め、次のように語っている。

 「我々には強烈な個性を持った選手が少し足りていない。1~2人のリーダーがいてくれるだけで大きな違いだ。この国でそういった役割を担える選手を見つけたいと思っている」
 「スコットは物静かな男だが、ピッチの上でお手本となりチームを牽引するリーダーだ。スコットの必要性についてだけではなく、彼のようなタイプの1~2人の選手を見つける必要があると思っている」

 過去、チャールトンからチェルシーに移籍する際、そしてチェルシーからニューカッスルに移籍する際も、オファーを提示していたスパーズ。しかし、提示したオファーの給与面で劣ったこともあり、ことごとくフラれている。
 そして今回、プレミアリーグの複数のトップクラブからもオファーが提示されると見られ、競合の存在が気になるところ。

 「彼は年間最優秀選手だ。多くのビッグクラブが関心を持つだろう。リバプールやアーセナルといった名前も聞いているよ」
 「これまでFWAを獲得した選手たちの顔ぶれをみれば、まさにアメージング。次のクラブに移籍したら、チェルシー時代のように出場機会を失うことなどないだろう。次のチームでも主力としてプレーしたいと考えるはずだ」

 なお、内部情報筋から得た情報では、パーカーはロンドンでのキャリア続行を望んでおり、現時点でアーセナルは獲得に関心を持っていないため、移籍マーケットが始まり次第いっきにスパーズ加入への動きが進むとの見方が強いようだ。

 かたや、ウェストハムにローン中のロビー・キーン、そしてパーカー加入により出場機会の激減が予想されるジャーメイン・ジェナスの2人には昇格組でウェストロンドンを本拠とするクイーンズパーク・レンジャーズが獲得に動くとの一部報道が出ている。
[PR]
by soccer_days | 2011-05-23 22:58 | ウエストハム・ユナイテッド