> カテゴリ
全体
ウエストハム・ユナイテッド
未分類
> フォロー中のブログ
> リンク
Soccer Days
> 必然の降格 遅すぎた解任
d0080515_232236100.jpg
5/15(日)プレミアリーグ DWスタジアム 観衆22,043人
ウィガン 3(0-2/3-0)2 ウェストハム
得点:WA-エンゾグビア(57分)サモン(68分)エンゾグビア(90+4分)
 WH-デンバ・バ(12分 26分)
警告:エンゾグビア 、パーカー

GK グリーン
DF スペンス、トムキンス、ガビドン、ブリッジ
MF コリソン(83分キーン)、スペクター(60分パーカー)、ヒッツルスペルガー
FW ハインズ、デンバ・バ、ピキオンヌ(74分コール)
サブ:ボファン、アップソン、ダ・コスタ、シアーズ

  51%   支配率   49%
19(10) シュート数(枠内) 13(10)
 10  コーナーキック   6
  7   ファウル    10

===(以下、Goal.comより)===
ウェスト・ハム降格決定
 最下位ウェスト・ハムは、19位ウィガンのホームに乗り込む。12分には、幸先良く先制に成功する。ゴール前での混戦で一度はクリアされるが、これを拾ってクロスを入れると、バが頭で押し込む。26分にもFKの折り返しをバが決めて、リードを広げた。ロダジェガにバイシクルシュートを打たれるなど危ない場面もあるが、グリーンの好守で乗り切る。
 ウィガンは後半開始から2人を交代投入して巻き返しを図る。57分にはエンゾグビアがFKを直接決めて反撃。68分には途中出場していたサモンがエリア内から冷静にシュートを決めて追いつくことに成功した。
 さらには4分と目安が表示されたロスタイム、エンゾグビアがゴールを射抜いて、ついに逆転に成功。これでウェスト・ハムは降格が決定し、ウィガンは残留に望みをつないだ。

ウェスト・ハム、降格決定で監督解任 ウィガンに敗れて、クラブから公式発表
 ウェスト・ハムが15日、アブラム・グラント監督との決別を発表した。22日に行われるプレミアリーグ最終節のサンダーランド戦では、コーチのケヴィン・キーン氏がチームの指揮を執ることになる。
 ウェスト・ハムは同日のプレミアリーグ第37節でウィガンと対戦し、2-3で敗れた。この一戦で勝利を逃すと降格が決まる状況だったウェスト・ハムは幸先良く2点のリードを奪ったが、その後に3点を返されて降格が決まってしまった。
 この結果を受けて、ウェスト・ハムは即座にグラント監督を解任することを決断している。
 グラント監督はシーズン途中にも解任が取りざたされていたが、その際はマーティン・オニール氏が後任候補だと伝えられていた。
d0080515_2323391.jpg

[PR]
by soccer_days | 2011-05-16 23:00 | ウエストハム・ユナイテッド